Footbathmusic Diary

健康と音楽の調べ NO HEALTH NO MUSIC NO LIFE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Happy Christmas War Is Over

John Lennon Yoko Santas

ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)(Happy Xmas (War Is Over))は、1971年に発表された、ジョン・レノン&オノ・ヨーコの楽曲。クリスマスソングの定番として、現在も頻繁に流されている。ジョンのソロキャリアにおける代表曲のひとつであり、今もなお高い人気を誇る。「争いを止めよう」「望めば戦争は終わる」というポジティブなメッセージが込められている。ただのクリスマスソングにしない辺りは、ジョンの才能と言える(元々ジョンは、『ただの』ではない、「永遠に残る、意味のあるクリスマス・ソングを作りたい」と考えていた)。B面曲は、ヨーコが歌う「リッスン・ザ・スノウ・イズ・フォーリング」(1971年当時の邦題は「ほら、聞いてごらん、雪が降っているよ」)。1971年12月1日に、アメリカ等でリリースされた当初はチャートインしなかったが、翌年イギリス発売され、全英4位まで駆け上がった。ジョンの死後には全英2位を記録した。これは、今日の我々の感覚ではにわかに信じ難いが、リリースがXmasの1ヶ月も前で「時期はずれ、早すぎる」と思われたからだという(1990年代後半以降ではこのくらい早く準備しないと商業的には間に合わない)。これについて、「いつもの事ながら、ミスったね」と笑うジョンのコメントも残されている。アメリカでは当時、キャッシュボックスで最高36位、レコード・ワールドで最高28位を記録。ビルボード(Billboard)誌では、クリスマスソングは一般チャートにランクインさせない規定があったため、HOT 100にはランクインせず。1995年12月30日付のビルボードのアダルト・コンテンポラリー・チャートで、何故か1週だけランクインし、32位を記録している。ちなみに、1971年にリリースされたのはアメリカと日本でのみで、イギリスでは1年後となった。理由は、当時ジョンのソロ曲(ジョン・レノン名義)の版権も管理していたノーザン・ソングスが「ジョン&ヨーコ・オノ・レノン名義」で発表したことに難癖をつけていたためである(現在は、ソロ曲のみレノン・ミュージックとオノ・ミュージック、レオーノ・ミュージックの3社に分けて管理されている)。オリジナルシングル盤によると正式なアーティスト名は、「John&Yoko Plastic Ono Band with the Harlem Community Choir」である。因みに「the Harlem Community Choir」は、バックの子供のコーラス隊の名前である。



『2008年 Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ「Happy X'mas (War is over)」』



開催日:2008年12月8日(月) 会場:日本武道館

【出演者】オノ・ヨーコ
絢香 /奥田民生 /斉藤和義 /斎藤ノブ+夏木マリ /Salyu
THE SUNDAY DRIVERS [箭内道彦×渡辺健二(スネオヘアー)]
Char /トータス松本 /フジファブリック /BONNIE PINK
宮﨑あおい /ゆず /吉井和哉 /LOVE PSYCHEDELICO 

トリビュート・バンド
十川ともじ(ピアノ、キーボード)
和田春彦(バンド・マスター、キーボード)
土屋潔(ギター)
長田進(ギター)
押葉真吾(ベース)
古田たかし(ドラム)

「John Lennon stand by me」~60曲

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

FJUgDBPOSyuuKpBM

dv4zjp <a href="http://eiurvpbllflm.com/">eiurvpbllflm</a>, [url=http://nmckxwisslqx.com/]nmckxwisslqx[/url], [link=http://jlkljjcepjum.com/]jlkljjcepjum[/link], http://isjitlvvpscx.com/

ceiutm | URL | 2013年02月13日(Wed)08:12 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。