Footbathmusic Diary

健康と音楽の調べ NO HEALTH NO MUSIC NO LIFE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「ホメオパシー」って

2010121000001_2.jpg

ホメオパシー (Homeopathy, Homoeopathy, Homœopathy) とは、極度に希釈した成分を投与することによって体の自然治癒力を引き出すという思想に基づいて、病気の治癒をめざす行為。同種療法、同毒療法、同病療法と呼ばれる場合もある。ホメオパシーの理論は、ドイツの医師ハーネマンが確立した。「健康な人間に与えたら似た症状をひき起こすであろう物質を、その症状を持つ患者に極く僅か与えることにより、体の抵抗力を引き出し症状を軽減する」という理論およびそれに基づく治療行為であるとされている。

その治療は、「レメディ」という球形の錠剤を飲むことによって行われる。この「レメディ」は様々な物質を一定の方法によって水で希釈を繰り返したものを砂糖玉に染みこませたものである。希釈度は最終的に10の60乗となり、現代科学の知識体系ではすでに元の物質は残っておらず、「レメディ」は砂糖玉でしかない。ただ、ホメオパシーの理論では“物質のパターンが水に記憶される為、治療効果がある”とされている。 ホメオパシーの理論・効果については、多くの研究結果としてブラセボ(偽薬)効果以上の効果はないとされ、その代替医療性は否定されている。これら批判に対して、ホメオパシー肯定者は、「日々進化している科学において、現時点では解明されていないもの、近い将来解明されるもの」という説明を行っているが、その理論体系は現代科学の基本的な理論と齟齬をきたしている。

ホメオパシーは、先進諸国においては現代医学に対して懐疑的な層が利用しており、一方後進国においては貧困層を中心に十分な科学・医学知識および医療機会が無い層が利用している状態となっている。 「レメディ」そのものは砂糖玉であり害は無いが、ホメオパシーを医療の代わりに用いることで適切な医療を受ける機会を損なった事による事故が頻発をしている。日本においても、与えるべきビタミンKシロップを与えず、いわゆる「レメディー」を用いて新生児を死に至らしめたとして助産師が訴訟を起こされた(「山口新生児ビタミンK欠乏性出血症死亡事故」参照)ように、現代医学や科学的な思考の否定をその構造にもつホメオパシーの危険性を指摘する声は高まっている。日本学術会議が2010年8月24日、ホメオパシーの効果について全面否定し、医療従事者が治療法に用いないよう求める会長談話を発表した。

歴史としては、ドイツの医師医療ライターであるザームエル・クリスティアン・フリードリヒ・ハーネマン(Samuel Christian Friedrich Hahnemann, 1755年 - 1843年)によって創始された。

homeopas.jpg

マラリアの治療薬であるキニーネを自ら飲んだところマラリアそっくりの症状が(キニーネの重篤な副作用にマラリアの黒水熱に似た症状がある)出たことが、この理論を考案するきっかけとなったという。ハーネマンの主著『オルガノン』(1810年刊)によると、彼は「類似したものは類似したものを治す」という「類似の法則」を発見し、ある物質を健康な人に投与した時に起こる症状を治す薬として、その物質そのものが有効であると彼は考えた。さらに、その物質が限りなく薄く希釈震盪される(ハーネマンの表現を借りれば「物質的でなくなる」)ほど治癒能力を得ることが出来ると考えたのだ。ギリシア語で「同じ」を意味する ὅμοιος- と、「苦しむ」を意味する πάθος の合成語として「ホメオパシー」という語を造語した(ホメオパシーの対義語として、一般的・伝統的な医療を「異なる」 ἄλλος と πάθος を合成した「アロパシー」(allopathy) という用語で呼ぶことがある)。これが、ホメオパシーの起源である。 ハーネマンの死後、ホメオパスたちは二分した。いわゆる「低効能派」は希釈震盪度合を濃くしたレメディーを患者に投薬し、「原理派」はあくまでハーネマンの主張通りの薬効を主張している。現在、ホメオパシーには大別して「クラシカル」と「プラクティカル」の2派があるといわれ、前者はハーネマンの理論を重視して、症状にふさわしいレメディーを処方する。一方後者は、複数の1970年頃にハーネマンの理論を見直す動きから生まれたとされるが、複数種のレメディーの処方を推奨している。ナチス・ドイツ時代には、ホメオパシーは新ドイツ医学の一角をなすものとして期待され、総統アドルフ・ヒトラーにより厚遇された。1937年にはオカルト好きの副総統ルドルフ・ヘス、親衛隊長官ハインリヒ・ヒムラーらも出席して、ベルリンで第一回国際ホメオパシー学会が開かれた。しかしながら、その後の研究で、いくらデータを集めても偽薬効果としか出ず、ダッハウのユダヤ人強制収容所で行われた人体実験(マラリア、敗血症)でも敗血症患者はすべて死んでしまった。このためホメオパシーへの関心は下火となった。当時のデータはドイツが敗戦したため書類庫の片隅に埋もれ、最近まで顧みられることはなかった。

「肯定派のホメオパシー推進者による主張では。。。」
ハーネマンの理論を踏襲した現代のホメオパシーは、ある病状を引き起こす成分をそのままでは有毒であるので水によって極めて高度に希釈震盪したものを砂糖に染み込ませる。希釈震盪の度合いは様々であり、10倍希釈震盪を9回繰り返したものを9X、100倍希釈震盪を200回繰り返したものを200Cなどと表現する。最もよく用いられるのは30C、すなわち10030=1060倍に震盪しつつ薄めたものである。これがいわゆるレメディーである。希釈震盪の度合いは、通常の科学的常識に反し、繰り返して薄めたものほど効くとされる。あまりにも薄めてあるため原成分は1分子も残っていない可能性が高く、科学的にはそれはただの砂糖玉であるが、ホメオパス達もそれを否定していない。レメディーのもとになる原成分としては、各種の薬草、鉱物などが多い。

レメディーは、すでに現れている症状の治療目的に使われることもあるが、本格的な「治療」に当たっては、表面に表れた症状よりも、その病気を引き起こした根本的な原因を「治療」しようとする。このために、レメディーの服用にあたっては「ホメオパス」と呼ばれるホメオパシー「治療」を専門に行う者の処方による。ホメオパスになるためには数年の訓練が必要とされ、そのための専門のスクールも存在する。ただし日本のホメオパシースクールは修学期間が4年と銘打たれていても、実際には週末のみしか授業を行わない、自宅学習の日数が含まれる等実質的な授業時間が短い場合も多々ある。このようにレメディーの元となる薬効成分は多くの場合極めて高度に希釈震盪されており、元となる物質は1分子も含まれていないが、そこには元となる物質の「オーラ」や「波動」、「パターン」、あるいは「水の記憶」が染みこんでいて、1分子も含まれていない毒物(成分は1分子も含まれていないためリスクは全くない、という)の「パターン」や「波動」に対する体の抵抗力を引き出すことにより、自己治癒力などが高まるとする。 ホメオパシーのレメディーが効くかどうかは波長が合うか合わないかで決まるので、本質的には必要な波の影響しか受けない。それゆえホメオパシーのレメディーは必要な時にしか効かず、健康体の人にレメディーを処方しても何の効果もない。ある病気の人に適切なレメディーを処方した時のみに効果がある。このため副作用のない最良の療法であるとされる。ただ、希釈震盪濃度を変えずに毎日多量のレメディーを飲み続けると、危険で重大な影響が起こるとハーネマンは注意している。またオルガノンの273段落で書いているように、レメディは同時に一種類しか使用してはいけないとハーネマンは主張している。

「治療の際、一度に二つ以上の、二種類以上のレメディを患者に使用することはけっして必要のないことであり、それゆえそうするだけでもすでに許しがたいことである。十分に知られたレメディを一度に単一のレメディだけ処方することが、それより多く処方することよりも自然にも道理にも適っているだろうか、という疑問をさしはさむ余地すら少しもありえないことがわかっていないのである。唯一真なる単純な医術でもあり、唯一自然に適った医術でもあるホメオパシーでは、二つの異なったレメディを一度に服用させることは、けっして許してはならないことなのである。」ホメオパスは人が健康なら体も健康という基本的な考えの元に働きかけ、心理的、感情的、精神的な状態に適合したレメディーを処方する。このため、ホメオパスとのセッション(面会)では、十分な時間(2時間程度の事が多い)をかけ、患者の心理的、精神的な状態や、成長の過程、とくに過去の大きな問題についてのインタビューが持たれる。そうして基本的な人のタイプを見て、現在の問題を判断しレメディーが処方される。

日本ホメオパシー医学会http://www.jpsh.jp/
日本統合医療学会http://imj.or.jp/
日本ホメオパシー振興会http://nihon-homeopathy.net/
日本ホメオパシー医学協会http://jphma.org/

「補完医療におけるクラシカルホメオパシー」Dr.ロバート
010年4月にクラシカルホメオパシーセンターで開催したイブニングレクチャーの動画です。
「補完医療とは?」「クラシカルホメオパシーとはどのような療法か?」「人間の身体、感情、精神、スピリチュアル、エネルギーの側面とは?」「補完医療をどのように活用すべきか?」Dr.ロバートが解説しています。クラシカルホメオパシーや補完医療がどんなものかをイメージして下さい。




誰もが、我が身や愛する人の健康に無関心ではいられない、藁をもつかむ気持ちで病める者を癒すにも、万能薬や治療法があるわけではない。。ただきっと、その人には合う癒し方治し方がきっとあるはずだと思う!自分自身でそれを学び信じて進むことしかない!限られた時間の中で、幸運な療法に巡り合える多くの病める人達に光明あらんことを切に願う!


「しあわせになろうよ」




To two people of the time when I met you

I will come back once again

And I join by a hand with two people

I will find happiness


Do not yield to the area of the sea

I considered the dazzling sun

I who am dripping wet become the fish

I swam to that island

In the place where I came across for the first time

I will come back once again

And come into the blue sky

I will find happiness

A bird called on the green earth

You opened both hands and flew in the sky

I looked up at the starlit sky and granted a dream

I expressed a song in moonlight

To two people of the time when I met you

I will come back once again

And I join by a hand with two people

I will find happiness


In the place where I came across for the first time

1 degree will return

And come into the blue sky

I will find happiness

I will find happiness



出会った頃の二人に
も一度戻ってみよう
そして二人で手をつなぎ
しあわせになろうよ

海の広さに負けないように
輝しい太陽をにらんでみた
ずぶぬれの僕は魚になり
あの島まで泳いでいった

初めて出会った場所に
も一度戻ってみよう
そして青い空に抱かれ
しあわせになろうよ

緑の大地で鳥が鳴いた
君は両手を広げ空を飛んだ
星空をみあげ夢をかなえた
月の光で歌をうたった

(※くり返し)
初めて出会った場所に
も一度戻ってみよう
そして青い空に抱かれ
しあわせになろうよ
しあわせになろうよ


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

KSNPzKTtXteMA

4c0L8X <a href="http://zhzrmktrafiw.com/">zhzrmktrafiw</a>, [url=http://vdkxnhrdatro.com/]vdkxnhrdatro[/url], [link=http://tveaqwoyhzel.com/]tveaqwoyhzel[/link], http://rfttbvzwblnx.com/

qulipcal | URL | 2013年02月12日(Tue)16:37 [EDIT]


XKsSbqKNXVB

Fantastic Weblog Publish. I'm Likely to Bookmark And Study Much more Often. I Adore Studying Via All your Educational Posts!, http://www.donkey-loans.co.uk/ Payday Loans, 010,

Saauodvj | URL | 2013年02月21日(Thu)05:14 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。